刺激的な街

夜の伊丹空港

兵庫弁は同じ関西弁であるとはいえ大阪弁や和歌山弁とは明らかに別物であり、この点は地域情報を扱う媒体でもしばしば取り上げられます。
いわゆる「テヤ敬語」が兵庫弁と他の関西弁とを分ける要素となり得ると考えてまるで不適当ではありません。
こうした方言の微妙な違いを意識することもこの地域で過ごす際の趣きであると言えます。
基本的に方言を理解することや習得することには地道な訓練が必要であり、兵庫弁にしてもそれは全く同じことです。
実際に地域に住み、その体験から生きた地域情報を得ることが否応なしに重要視されます。
こうした努力を満足に行うことができた時にこそ、より深く兵庫県に住む人々と関わり合うことが実現されるのです。

兵庫県は大阪府よりも商業が活発でないものの、裏を返せば商店街を歩いていてしつこい売り込みを行われる恐れがないということです。
そのため買い物に関しては東京都内と同じような感覚で行っても然して問題はありません。
阪神淡路大震災を経験したこともあって防災面の見直しが為された上で新しく建築された家屋も地域に少なからず備わっており、これから移住する層にとってもこの地域はその点で有用であると言えます。
兵庫県はまたグルメでも知られており、ステーキやハンバーグ、ラーメンや中華まんじゅうなどがその中でも有名であります。
牛肉や豚肉の生産地としても評価が高いので、そうした生産品を扱った料理などは特に評判が高い傾向にあります。